文字を書くということ

書道は将来性を考えた時役に立つのか

 小学生の習い事として書道というのは人気の習い事の一つですが、親としては子供に習わせる習い事を選ぶ基準として「将来性」というのは必ず考えると思います。はたして書道というのは将来性を考えた時どのような役に立つのでしょうか。

  学校で有利になる

小学3年生からお習字の授業があります。そして高校では芸術選択科目として書道があります。

文字がきれいに書けると小中学校の時に通知表の評価が上がり良い成績につながるという意味合いでも、書道を習うメリットはあります。

IT化で直筆で文字を書くことが少なくなっているとはいえ、文字を書く機会はまだまだあります。 履歴書の作成はいまだに手書き必須ですしね。

こういったところで字が綺麗な人は有利です。

た、ペンの持ち方によって人に与える印象も大きく変わります。

大人でもいませんか?上司や先生が正しくない持ち方だと、尊敬のまなざしも薄れてしまいます。  

書道は姿勢が基本中の基本

書道では姿勢が基本になってきます。姿勢がきちんとしていないと、美しい文字を書くことはできません。また、書道は精神面も大切です。集中することによって自然と背筋は伸びてきます。さらに、書道を行うことによって普段の姿勢も改善され、さまざまな場面で集中力の高まりを実感できるでしょう。