「生きる力」とは、文部省による新・学習指導要領の中に、「生きる力を育む」というキーワードがあります。             具体的には、ゆとり詰め込みかではなく、

「基礎的・基本的な知識・技能の取得」「思考力・判断力・表現力等の育成」の両方が大切。 それぞれの力をバランスよく伸ばしていく。 子どもたちの未来のために。


 

 

はじめまして。岡山市北区吉備津に「個別学習 いろは塾」という小中学生向けの学習塾を開校しました、山元 美翔と申します。

「勉強が苦手」「勉強が嫌い」というお子さまに、「学ぶことって、こんなに楽しかったんだ!」と心から思ってもらいたい。

そして、「自分で学び続ける力」を身に付けてもらいたい。それがあれば、自分の道を切り拓くことができる。そのような思いでこの塾を開きました。

 学習の基礎を確実にするために、苦手な部分の分析から始めます。

英語や数学は積み重ねの学習です。曖昧なまま先に進んでも理解は深まりません。

一時の結果を追うのではなく、真の力を備える人間になってもらいたい。そのためには、日々の「学習習慣」をしっかり身に付けることが大切です。オーダーメイドのプランで学習を続けると、「学習習慣」が身に付き、結果として成績が上がっていきます。生徒一人ひとりの過程を重視した『真の個別対応』を実現しています。

また社会問題になっている、所得の格差が教育の格差を生み、教育の格差が人格の格差を生んでいる現代。

塾へ通いたいが「個別塾の授業料は高くて通えない」という、この負のスパイラルを断ち切るためには、高品質な教育を安価に提供できるEラーニング教育が最適だと確信し導入しました。

解るまで何度でも、また先取り授業も粘り強く繰り返します。

自習室も完備しており、勉強に集中できる環境を整え、学習を通じて成功体験を積むことで、明るい未来を創造できるよう指導します。

また、TA心理カウンセラーの資格を活用し、お子さまの心のサポートができるよう一人ひとりに誠実に向き合いながら、最先端の学習方法を用いて、お子さま達の学力向上のお手伝いができればと思っています。

皆様との出会いを楽しみにしています。    

               塾長 山元 美翔